人材サービス事業部ブログ

合同会社リバープレイン人材サービス事業部ブログ
人材に関する知識や情報をお届けします

派遣から正社員に!紹介予定派遣のメリットは?


お知らせ
2017/10/04

「正社員として働きたいけど、あわない仕事や会社だったらどうしよう…」
そんなあなたにおすすめの雇用形態が、『紹介予定派遣』という働き方です。
この働き方は、派遣先企業に直接雇用されることを前提に、派遣スタッフとして一定期間働くというものです。

あわない会社に就職するリスクを減らせる

一般的な会社で中途社員として入社する場合、契約社員の期間が数カ月あり、その後に正社員という会社が多いのではないでしょうか。
紹介予定派遣では、この契約社員の期間を派遣スタッフとして働くという感覚です。紹介派遣の期間は最長で6ヶ月と決められているため、1~6ヶ月ほどの派遣期間後に直接雇用として働くといった形態です。

直接言いにくいことや交渉は派遣会社に任せられる

例えば、派遣期間が6ヶ月あれば、その間のトラブルは派遣会社が対応してくれますし、仕事内容や職場環境、その企業が自分に合っているのかを見極めて、自分に合ってないと感じれば、派遣会社を通じて断りが入れられます。働き方や条件面等など、自分では言いにくいことも代わりに対応してもらうことができます。

 

採用側もメリットが多い

採用する企業にとっても、数回の面接や筆記・適性テストではわからないことが、実際に働いてもらうことで、その人の人物像がわかります。
派遣期間があることで、慎重になりがちな採用がスムーズになります。

 

紹介予定派遣の流れ ~応募・面接・入社まで~

一般的な派遣社員であれば、派遣会社に登録をして、派遣先企業に紹介、就業という流れになり、履歴書・職務経歴書は派遣会社に提出する最初の1回だけで、その後は個人情報が伏せられた紹介シートが派遣先にわたされることが多いです。
紹介予定派遣では、働きたい仕事があれば、webなどから応募し、派遣会社で面談するまでは一緒ですが、その後に派遣先企業での面接があります。

 

入社したい会社に派遣会社がプッシュしてくれる!

紹介予定派遣の最大のメリットは、事前にあなたの人間性、長所、能力などを、派遣会社から企業の人事採用担当者へ、情報の共有がされているということです。
派遣会社としては、全面的にバックアップしてあなたを入社させることが仕事なので、心強い味方になります。

 

面接に行く前には派遣担当者と打合せを!

面接に行く前には派遣会社の担当者との面接の方向性を明確にするための打合せが必要です。人間性や長所、経験など、どうすれば自分を最大限にアピールできるのかを、事前に決めておくことが重要なのです。

働く人、採用する企業、どちらにもメリットが多い紹介予定派遣という働き方を選んでみてはいかがでしょうか。

Copyright © Riverplain LLC. All rights reserved.