人材サービス事業部ブログ

合同会社リバープレイン人材サービス事業部ブログ
人材に関する知識や情報をお届けします

アルバイトと派遣社員の違いとそれぞれのメリットは?


お知らせ
2017/08/31

 

自分の時間を大切にしたい、都合に合わせて働きたいという思いから、社員として働くことを希望しない人はけっこう多いものです。

厚生労働省が2007年に行った「非正社員を選んだ理由」という調査でも、
理由の1位が『自分の都合の良い時間に働けるから』、2位が『家計の補助、学費等を得たいから』、3位が『家庭の事情や他の活動と両立しやすいから』と、時間や都合を優先したいという思いは強いようです。

そんな非正規社員として働く道を選んだ時に、アルバイトと派遣社員どっちで働くかで迷うのではないでしょうか。
そこで、アルバイトと派遣社員の違いを説明していきます。

 

アルバイトと派遣社員メリット・デメリットは?

アルバイトと派遣社員の最も大きな違いは、雇用主つまりお給料を払ってくれる先の違いです。
仕事自体はその職場や店舗の責任者の指示の元に行うことに変わりはないのですが、アルバイトはその職場や店舗からお給料が支払われ、派遣の場合は派遣会社から支払われます。

 

給与や福利厚生では派遣社員の方が上

アルバイトと派遣社員を比べると、一般的に派遣社員は時給が高いです。
そして、有給休暇の取得や、社会保険の加入、年に1回の健康診断など、派遣社員の福利厚生は整っています。
ただし、派遣社員は期間の定めて更新を繰り返していくというスタイルです。
例えば契約期間が3カ月なら、3カ月ごとに更新をくりかえします。

 

働きやすく辞めやすいアルバイト

アルバイトは比較的簡単に仕事を見つけられます。
例えば町で「アルバイト募集」の張り紙があれば、すぐに仕事の応募ができますし、辞めたくなったらすぐに辞めることも可能です。すぐに仕事が見つけられ、辞めたい時は自分の都合だけで辞めやすい。アルバイトで働く自由さがあります。

派遣会社が間に入るメリット

派遣会社では色々な仕事があるため、契約満了した際も、次の仕事を紹介してもらうことが可能です。
また、働いていると就業先でのトラブルがつきものですが、派遣会社が間に入るため、契約と違う仕事や残業の強制、トラブル、セクハラなども解決に向けて動いてくれます。

 

福利厚生や時給などバイトより好条件な派遣社員

アルバイトやパートで働くよりも、給与面や福利厚生、トラブル対応などアルバイトよりも安心して働けるのが派遣社員です。

アルバイトやパート以外の雇用形態として、派遣社員を選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。
 
派遣のお仕事を探す方はこちらからどうぞ!
https://staff.riverplain.co.jp/jobs/
 

Copyright © Riverplain LLC. All rights reserved.